深夜の金縛りと少女の幽霊

これは、今から6年前の話です。

当時、僕は独身で実家暮らしでした。

実家というのは、マンションの17階で、一人部屋をもらっていました。

ある夜のこと。

自室のベッドで眠っていると、突然謎の金縛りに襲われました。

身体が、動かないのです。

金縛り特有の目だけが動く状態です。

目を開け、ふと目線を横にずらすと、ベランダにつながる部屋のガラス戸が見えました。

カーテンは閉めていたはずなのに、なぜか開いています。

そして、ガラス戸の向こう側、つまりベランダに誰かがいるようでした。

よく見ると、小学生くらいの女の子です。

小学生くらいの女の子がこちらを見ているのです。

そこは、17階です。

ベランダに小学生の少女がいるなんてあり得ないことです。

しかも、こんな深夜に。

ご近所さんに、確か小学生くらいの女の子はいなかったはずです。

つまり、ベランダ伝いに渡ってくることも不可能なはずです。

幽霊でしょうか・・・・

怖くなった僕は、目をぎゅっと強く閉じて、わけのわからない念仏を唱えました。

それしかできることはなかったのだと思います。

・・・・・・・・・気がつくと朝でした。

あれは、夢だったのでしょうか。

おそらく夢だったのでしょう。

怖かったため、夢だと思うことにして、気にしないようにしていたのです。

その日の夜。

僕が眠っていると、またもや金縛りに襲われました。

恐怖心から、今日は目を開けるのはやめることにしました。

また、ベランダにあの少女がいたら嫌ですから。

そのとき、お腹の辺りに違和感を感じました。

なんだか、嫌な予感がします。

恐る恐る目を開けてみると、僕のお腹の真横に昨日見た少女が、座っていたのです・・・・

うわーーーー、と声を出そうとしましたが、金縛りで叫ぶことができません。

少女は、僕のTシャツを捲し上げて、お腹を観察しているようでした。

女の子の手には、明かりのようなものを持っています。

よく見ると、それは僕の携帯電話です。

携帯の液晶のボゥーっとした明かりを頼りに、僕のお腹をずっと観察しているのです・・・・

もう、あまりの恐怖に吐き気すら覚えました。

どうしていいかわからずに、昨日と同じように目を閉じて心の中で念仏を唱えます。

「ナムアミダブツ・・・・・僕はあなたに、何もしていません。許してください、許してください・・・・・・・・・」

・・・・・・・・・どれくらい経ったでしょうか。

そっと、目を開けてみると、少女は僕の顔を覗き込んでいました・・・・

もう、失神寸前です・・・・

そして、女の子は僕の顔を覗きながら、ぼそっと一言つぶやいたんです。

「この人じゃなさそうね・・・・」

そして、少女はふっと消えてしまいました。

その瞬間、僕の金縛りは解けて、動けるようになりました。

動けた瞬間思ったことは、またもやすべては夢だったような気がしてきました。

でも、1秒後にこれが夢ではなかったことを知りました。

携帯が液晶の明かりがついていたのです。

そして、僕の顔の横、つまりベッドに落ちていました。

携帯は寝るときはいつも、デスクの上において眠っています。

デスクに置いていたはずの携帯が、ベッドの上に落ちていることは後にも先にもこのときだけでした。

深夜に2日連続で現れたあの少女はいったいなんだったのでしょうか・・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク