違う世界に迷い込んでしまい出られない

あれは、かれこれ10年近く前のこと。

俺は高校時代の友達と遊んでいた。

友達の家は、俺の住んでいる地域から2つ区を越える。

当時20歳だった俺は、2つくらいの区ならチャリンコですいすい行ってしまう。

その日、友達と別れたのが深夜1時を過ぎていたと思う。

次の日は特に予定もなかったため、のんびり自転車を漕いで帰宅していた。

そして、その日の俺は、普段通らない道を通って帰っていたのだ。

なぜ普段通らない道を選んだのかは自分でも分からない。

道は知らないけれど方角さえ合っていれば家に着くだろと、そんな気持ちでいたのだ。

その選択が間違いだったのか、漕いでも漕いでも一向に知ってる道に出ない。

あれ、おかしいな、そろそろ知っている道に出てもいい頃なんだけどな。

そんなことを思いながらも、自転車を漕ぎ続けた。

そして、おかしなことに気が付いた。

さっきもこの道通ったぞ、と。

最初は似たような景色の道に出ただけかと思ったのだが、どうやらさっきと同じ道なのだ。

細い路地で小さな駐車場のある場所。

これで、たぶん3回目だ。

少し怖かったが、暗いから道をぐるぐる回ってしまっただけだと自分に言い聞かせ、またもや自転車を漕ぐ。

駐車場の先にある曲がり角を、さっきとは違う方向に曲がってみる。

しばらく進むと、やはり同じ駐車場に出てしまった。

明らかにおかしい。

それから、何度も何度も進む方向を変えてみたが、同じ駐車場に出てしまった。

これはまずい。

この時点でかなり怖くなっていた。

だが、そこにジッとしているわけにもいかない。

何度も何度も帰り道を探す。

もちろん、ずっと右だけや、ずっと左だけのような偏った曲がり方はしていない。

それなのに、確実にその駐車場に出てしまう。

途中、トイレに行きたくなったがトイレなどない。

その駐車場で立ちションをした。

そしてまた自転車を漕ぐと、同じ駐車場に出てしまう。

そこには先ほどの俺がした立ちションの跡が残っている。

間違いなく、同じ場所に出続けているのだ。

時計を見ると3時になっている。

携帯は圏外。

ネットも繋がらない。

どうしていいかわからず途方に暮れた。

ずっと自転車を漕ぎ続けた上に、恐怖を感じ続け精神的に参ってしまったのかもしれない。

俺は疲れ切ってしまい、その駐車場に自転車を停めると、地面に座り込んでしまった。

なんだか、ここで死ぬのも悪くないような気になってしまっていた。

ふと見ると、駐車場に一人の女の人が立っていた。

いつから立っているのか。

今来たのか、それともさっきからいたのか、物音一つ立てずにその女はそこにいた。

俺は藁にもすがる思いで、女の人に話しかけた。

「あの、ちょっと道を聞いたもいいですか?迷ってしまって。」

「・・・・」

「あの、この辺りは道が複雑なのか、なんど曲がってもこの駐車場に出てしまうんです。」

「・・・・」

「あの、聞いてます?」

「・・・・」

「あのッ!」

「・・・・出たいんですか?ここから。」

冷たい声だった。

俺は思わずゾッとした。

震えそうになりながらも、

「早く家に帰りたいんですよ。」

と返事をした。

すると女の人は小さく頷いた。

そのとき、クラッとめまいがした。

次の瞬間、女の人が消えていた。

たぶん、めまいを起こしたのは一瞬だったと思う。

確信を持てないが、長くても4~5秒以内だったと思う。

その間に女は消えていたのだ。

そして、顔を見たのだが全く思い出せない。

俺は、すぐに自転車に飛び乗り、漕いだ。

疲れているのを忘れて、立漕ぎで自転車を漕いだ。

すると、今度はすぐに知っている道にでた。

そこから帰宅するのはとても簡単だった。

家に着いたときには4時半を過ぎていた。

約3時間、彷徨っていたようだった。

無事に帰宅できて本当に良かった。

後日、友達にこの話を聞かせると、「お前、途中の道で寝てたんじゃないの?」と言われることがほとんどだ。

あまり信じてもらえない。

だが、俺はあの日、確実に違う世界に迷い込んだと思っている。

迷ったあたりの地図を見ても、あの駐車場は載っていない。

一人で行くのが怖いから、友達を連れて昼間の明るい時間帯にその辺りを探索してみたが、あの駐車場を発見することはできなかった。

オチはないが、とても怖い体験だった。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク