異世界に行ってしまった友達

異世界というのは、本当にあるのだろうか。

これはある人から聞いた話。


もう10年以上前の話。

当時、俺は大学生だった。

大学の友達で、Aくんという男がいた。

Aくんは、ある日突然いなくなってしまった。

一応、失踪ということになっている。

俺の知る限り、未だにAくんは見つかっていないと思う。(詳しいことは分からない。なにせ、大学卒業以降の情報が入ってこないから)

Aくんは、学生ローンでギリギリまで借金をしているようだった。

そのため、借金が返せなくなり姿を消してしまったのではないか、という噂が流れた。

だが、俺はそうは思っていない。

というのには理由がある。

その日、俺は大学のすぐそばでAくんを見かけた。

知り合いだから、当然話しかける。

お互いに時間があったものだから、俺たちは近くのファストフードでお茶を飲むことにした。

少し雑談をすると、Aくんは「ちょっとトイレに行ってくる」と席を立った。

そのまま、Aくんは席に戻ってこなかったのだ。

そのとき俺は、Aくんはそのまま帰ってしまったのかと思っていた。

彼は少しだけ気まぐれなところがあったためだ。

俺はたいして気にすることなく、大学へと向かった。

だが、数日後にAくんが行方不明という噂が流れ始めた。

そのときになり、俺は焦った。

もちろん、警察にも相談に行った。

だが、そこに事件性は感じられないとして、捜査できないと言われてしまった。

トイレに立ったまま、失踪してしまうことなどあるのだろうか。

事件なのか、事故なのか・・・

でも俺は、全く違うことを想像してしまっている。

最後にAくんとファストフード店で話をしたときに、おかしなことを聞かれたのだ。

「もしもさ、異世界への入り口を見つけたら、お前行ってみる?」

これを真剣な顔で聞かれた。

俺がそのとき、なんて答えたのかは覚えていない。

ただ、「こいつ、おかしなことを聞く奴だな」くらいにしか思っていなかったのだ。

その後、まさか消えてしまうなんて。

今でも、Aくんがどこに行ったのかは、分からずじまいだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク